« なにやってんのトイザラス | トップページ | マクロレンズがほしいなあ »

エゾギシギシ

Dsc02156_1 タデ科。 Rumex japonicus

根は地中深く伸び、地上部が刈り取られてもしつこく生えてくる。

有農研の畑ではコンフリーとともに厄介な多年生雑草の一つ。
ちなみに、一番の雑草はメヒシバだと思う。この2つについては
またいずれ。

この草は牧草地においては強害雑草で、いったん牧草地に侵入するとものすごい繁殖力で増える上に、刈り取って保存させている牧草(これをサイレージという)に混じって品質を低下させてしまう。

前述したとおり、根が深いので駆除には多大な労力を要するのだが…

これをバリバリと食う昆虫がいるというのは、また、別の、お話。

|

« なにやってんのトイザラス | トップページ | マクロレンズがほしいなあ »

道端の生き物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エゾギシギシ:

« なにやってんのトイザラス | トップページ | マクロレンズがほしいなあ »