« G(頑張らなくていい). W(ウィーク) | トップページ | 畑よもやま »

ナズナ

Dsc02138_4   アブラナ科 Capsella bursa-pastoris L.

「せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ すずな すずしろ 春の七草。」

おばあさんがよく念仏のように言ってたのをいま思い出した。
そして親父も同じように言ってたのも、同様に。

よく道端で生えてるようなありふれた草。

オオイヌノフグリやヒメオドリコソウと共に、早春から咲き始めてたなあ。

ぺんぺん草ともいうけれど、その名の由来は種を包む果実が三味線のばちに似ていて、その三味線が「ペンペン」という音を出すから、だとか。

ふーん。

小さいころに聞かされただか本で読んだだかで覚えた、乾いて種がはじける前のものを、でんでん太鼓のようにくるくるまわすとペンペンと音がするから、ではなかったのか…。

春先や晩秋にはびこると結構やっかいな草なんだけど、ベンチ周りに咲いているのは害がないし、春の雰囲気も感じられるし、まあ見逃すとしましょう。

 Dsc02139_1

|

« G(頑張らなくていい). W(ウィーク) | トップページ | 畑よもやま »

道端の生き物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナズナ:

« G(頑張らなくていい). W(ウィーク) | トップページ | 畑よもやま »