雑念・その他

まけてたまるかこんちくしょう

メアリー・オノプチェンコ [葛藤]

笑うことは 愚かに見られる危険を冒すこと

泣くことは 感傷的に見られる危険を冒すこと

人とふれあうことは かかわりあう危険を冒すこと

気持ちをさらけ出すことは 拒絶される危険を冒すこと

人前で自分の愛を語ることは 嘲笑される危険を冒すこと

愛することは 愛されないという危険を冒すこと

圧倒的な不利を承知で前進することは 失敗の危険を冒すこと

しかし冒険せねばならない なぜなら人生最大の危害は

何の危険も冒さないことにあるからだ

何の冒険もしない人は 何もしない 何もない 何でもない

苦難と悲しみからは逃れるかもしれないが

学ぶことも 感じることも 変わることも

成長することも 愛することもできない

自分の確信に縛られて奴隷になっている

自分の自由を失ってしまったのだ

冒険する人のみが自由なのだ

―保証ではなくチャンスを探せ

―人生はどうあったかではなく、これから何がおこるかである

―人生は旅であって目的地ではない

―欲しい状態を手にするには現状を手放さなければならない

―依存は相互同意による奴隷制だ

―矛盾―安定の欲求を手放せば安定を得る

―人生をそっとしのび足で歩いて、安全に死に到達しようとする人がいる

―先延ばしにする癖は、ほとんどの人が直すのを引きのばす欠点だ

―敵が欲しければ、誰かを変えようとすればいい

―成功とは、もう一度立ち上がることだ

―望むのは、本当に手にする意思のあるものにせよ

―問題から逃れる最善の方法は、それを解決することだ

今日が地球で生きる最後の日であるかのように生きよ

     いつの日か そうなる!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちゅうごくれぽーと

ああ

ああああ

ああああああああ

じっけんもこうむいんしけんのべんきょうもしたいですけどー、

いろんなことで時間がスポイルされていきます。

「時間を作る」というスタンス、破たん。経営破たん。

僕のキャパシティーを遥かに上回っている。

「できる」と「できない」の分水嶺をすでにまたいでしまったのだ。

もちろん、「できない」側へと。

ぬぐおおおおおあああああ

 

あ、中国は楽しかったですよ。
(行く前はかなり渋っていたのですが)
(教授の半強制的な誘いだったので。)

観光はほとんどせず、調査と現地の研究員とひたすら討論でしたけれど。

言語の壁もそうですが、認識の違いも実感してきました。

例えば、荒地が何割くらい回復したかというのに対して、こちら(日本側)は3割もない位で、あちらは6割とか。
あとは「実験」なのに対照区を置こうとしないのも驚き。”比較”というのをしないで、良し悪しを考えるところで何度も話がとん挫したですよ。

おそらくあちら側でも「日本人は細かすぎる」とか思っているのではないかなあ。

でも、それが気に食わないのではなくて、むしろなるほど、と思いました。

こっちのやり方を押し通すのではなく、あちらの言い分も聞いてそう考えるのか、というのがわかった上で次のステップに進むことができる。

折衷案だったり、譲れない線を納得してもらうまで話すとか、そういうのは「双方の認識が違う」ということを考えた上で進めていかないと、いつまでたっても平行線、もしくは遺恨を残す話し合いになるのだなあと。

これは日本人同士のことでもおんなじことがいえるのですが…こういうことを、うすぼんやりとした頭で考えます。

 

調査地では塩がふいて真っ白くなった、コンクリートのように固い大地が僕を迎えてくれました。

あるのは電線と、風に吹かれて回り続ける風力発電機のみ。

あとは草。

 

Imgp1589

ここは最もひどいところですが、まあだいたいこういうところにまた草が生え始めた、というところをメインに土や植物体をサンプリングしたりしてきました。

ここいらの土地は省のなかでも貧しい地域で、富を得る手段は羊であり、羊は草を食いつくし、大地は茫漠とした荒地へと変わるという悪循環がこうした土地を生んでおりました。

昔は草原だったそうです。

遊牧→定住なのがまずかったみたいです…。

まず貧富の差ををなんとかせねば、砂漠は緑にならないのではと思いましたよ。

 

あと、あの国の国力のすごさをまざまざと見せつけられました。

見渡す限りトウモロコシ畑とか。

あほみたいに広い道路とか。

ビカビカしたネオンサインとか。

ものっそいでかい大学とか。だって図書館がこれだよ

Imgp1427

ね。

で、講義棟がこれですよ。

Imgp1423


ど こ の 神 殿 だ。

勝てん。と思いましたね。
食糧自給率40%のうちじゃあ。


で、飯も意外と(失礼)美味しく感じられました。

ものっそいアルコールきつい白酒(パイチュウ)もあちらの濃い味だとなかなか。

が、しかし持ち帰った酒を日本で飲んだら口に合わないっす…。

やはりそこでよく飲まれる酒はその土地の料理と一緒に味わうのが一番です。

でも中国の人、やっぱり食べる時はくちゃくちゃするし、げっぷもするし、小骨はテーブルに吐き出すしで、ちょっとそこらへんは受け容れ難かったであります…

 

道路事情もフリーダム。

横断歩道?何それ?みたいな。

あ、えっとノーヘルですが何か。つか3ケツですけれど。みたいな。

おれのディーゼルエンジンが火を吹くぜ!みたいな感じでトラクターが走ってましたよ。

郊外だとロバ車普通。近代的なビルの中にロバ。さすがに都会だとロバ走ってませんが、上述のトラクターだとかオート三輪も普通に走ってましたよ。

なんかもー逆に愉快でしたな。ここまで”有り”なんだ!みたいな。

 

さてさて。

行く前はかなり乗り気でなかった中国の砂漠調査。

得たものは非常に大きいものだと「認識」しております。

ではまず。

Imgp1539_6




| | コメント (0) | トラックバック (0)

近況20090413

・卒業しました

・入学しました

はてさて。

年度が替わりました。

4月に入って有農研の例会やサークルオリエンテーションに顔を出したときに
「○○はもう来た?」と聞こうとして、言葉を飲み込みます。

ええ。いつもの4月です。毎年恒例です。これ、いつもの年より頻度は高いです。

とはいうものの、生きてるうちはまた会えるでしょうや。
それは過去数年の例で分かっているのです。いえすいえす。

それはそうと今日の話。

夕飯を食べに農食へ行ったら、後輩たちがテーブルに買ってきたであろう種と
Maxさん(これまた懐かしいな…)が買った家庭菜園の本を見比べながら
ああでもないこうでもないと畑に何をつくるか相談しておりました。

うーん、めぐるよ。時代はめぐるなあ。喜び悲しみ繰り返し。

いい加減にサークルから卒業しろ、なんて声も聞こえてきそうです。

ごめんもうちょっとだけ顔ださせて…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

僕なんか1ピースだって

ゆるしてもらえませんでしょうね。

何がなにやら分からないすべりだしですが、例のごとくシカオ関係の記事ですはい。シカオ知らない人は置いてけぼりです。

さて昨日のうちに携帯に打っていおいたのを見ながら…

スガ シカオ TOUR 2008 FUNKAHOLiC セットリスト

NOBODY KNOWS
HOP STEP DIVE
バナナの国の黄色い戦争
フォノスコープ 

ここらでMC?

sofa
斜陽
13階のエレベーター

ここまでは前回と同じ

MC

call my name
FANCA HOLIC
夜明けまえ

MC、こっからアコースティック

未発表曲?(聞いたこと無い)
黄金の月 (Hitori Sugar Tour 行けなかったから聞けてよかった)
春夏秋冬

バンド再開

プラネタリウム
19才
潔癖
ストーリー
コノユビトマレ (「ハンドル手放すな!」でテンション急上昇) 
イジメテミタイ
奇跡
午後のパレード (最前列の女の人2人が完璧に踊れてて、すっごい楽しんでるのを見てちょっと俺も覚えようとおもったですよ。)

アンコール

1/3000ピース (最近のお気に入り。冒頭の歌詞がシカオぽくていいです)
POP MUSIC
宇宙

アンコール2

このところちょっと

 

ほいと。

なかなかに熱いライブでした。

つってもシカオのライブはいつも一気にボルテージ上がるんでいつのライブも甲乙つけがたし。

アンコールの2回目で「このところちょっと」を聴くのは3回目。あんまやらないみたいなので結構ついてますな。らららららーらー らららららー

あ、あと今回は自分的にだいぶノリノリでした。

ノリノリ… 他に言い様がないか。ないな。

というのも右隣がかなり空席で、身体を動かすのも全然OKだったからでして。

途中で終わった前回はほぼ席が埋まってたんですが、今回は平日ともあって2,3階は空席がちらほら見て取れました。

いつもだとね、隣との距離が無いし、しかも俺の隣の人ものっそい動く人な場合がおおいのですよ。ええ。なんでか。加えて女の人だったりするのであんま動けねえんですな。

気にしないで自分は自分で楽しみゃええがな、っつう話ですがどうしてもなんか嫌なんですね。小心者です。

でも昨日はそういうの気にしなくて良し。なので手叩き放題、身体でリズム刻み放題。

いやっほう。

正直、一人でシカオライブ行くのは初めてだったので楽しめないかなーとか思ってましたが、杞憂でしたな。うん。

ただやっぱ終わって燃え尽きた後に感想言いながら一緒にビール飲む人は欲しいと思ったよ。

今日の盛岡のHitori Sugar に行けなかったのは残念だけれども、まあいいか、と思えるほど楽しかったす。

以上。

明日から卒論完成に向けてがんばる。

やるぜやるぜおれはやるぜ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

布団にて

「この男はみるからに、何をやってもうまくは行かないというタイプだった。そういうタイプのまさに標本みたいな男だった」

村上春樹 ダンス・ダンス・ダンス


最近はあまり愉快ではないことばかりが続いて「やわ」になっている。
こんな時によく思い出すのは上の一節だ。

お祓いした方がいいんじゃないかと本気で思うようになってきた。
それ位、ここ一ヶ月はついてない。
ついてない、というかタイミングが悪すぎる。
「何をやってもタイミングが悪い男」という題で標本にして飾れるレベルだ。

また風邪をひいた。
喉がひどく痛む。
明日の飲み会はキャンセルした。
来週も実験しなくちゃならない。
実験やる日を延ばすのもできない。

自分に同情しているのでは決してないが、
用心していてもこういう状況に陥る自分に本当に嫌気がさしてくるのである。

こういう時はまあ、つまりは

「やれやれ」

と思うしかない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

どこにも居場所ないって思う人

Dsc02998

ぼくのこーの指とーまれー

秋です。

シカオのnewなアルバムはたいそうファンクです。

ただ夕方の畑で聴くには昔の曲のがあってます。

orangeとか、坂の途中とかそろそろいかなくちゃとかあいますね。

最近は畑の記事があんまねえなあと思ったのですが、フォルダを見返すと作物や生き物より有農研の後輩たちが写ってる写真ばっかで載せられません。肖像権保護。プライバシーの尊重。

(ぶっちゃけ本人の許可なく撮ってる場合が大半なので)

(いわゆるひとつの盗撮です)

(通報しないでね)

有農研の畑は順調です。

代替わりした2年生のおかげで例年よりもだいぶ雑草が少ないです。関心関心。いいことだ。

ダイコンもモザイク病にかかったかな?と思うくらい葉がまだら模様でしたが大丈夫だったようです。よきかな。

いまざっと思いだせるのは

ゴボウ、モロヘイヤ、オクラ、ウコン、サトイモ、ゴーヤ、ナス、ハクサイ、ミズナ、レタス、ニンニク、ダイコン、シュンギク、コマツナ(じゃなかったかも)、ピーマン(パプリカ?)、ニラ、キュウリ、サツマイモ、カボチャ、トマト、ナス、イチゴ、ブルーベリー…

こいで全部かしらね。

あ、ラディッシュないのな。秋のラディッシュ甘くてうまいっけよ。オススメですはい。

 

そういや大学院の試験に受かりました。

まあ感慨もなく、テンション普通。むしろロー。

人生の夏休みは年会費53万ほどで2年延長です。

 

つうかおれ社会にでれるのかしら…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夕暮れを抜けてく

Imgp0576

風は秋のー においを含んでるー

シカオの「夏陰」は畑で聴くと夏が終わるなーって気に一層なりますな。

こんどのシングルにもアレンジ変えた夏陰がはいるから楽しみです。

最近は畑に行くと2年生がちょくちょくいて、昔の畑が戻ってきたようで結構嬉しかったりします。一時間くらいいれば誰かしら来たからなあ、3、4年前は。いやはやよきかなよきかな。

懐古主義と言われそうだけども、畑に人がいるというのは嬉しいもんだ。

さて、院試まであと一週間きったわけですが今日きたメールの中に嬉しい報せ。

Suga Shikao Hitori Sugar Tour 2008

●10月11日(土) 岡山CRAZYMAMA KINGDOM  17:30/18:00  
 
●11月9日(日) 沖縄ナムラホール  17:00/18:00
 
●11月16日(日) 旭川CASINO DRIVE  16:30/17:00
 
●11月25日(火) 高松オリーブホール  18:30/19:00 
 
●12月4日(木) 高崎club FLEEZ  18:30/19:00 
  

●12月14日(日) 盛岡CLUB CHANGE WAVE  17:00/17:30
 

ぃ ぃ ぃ い や っ ほ ー ー ー い!!!!!!!!!!

これは死ぬ気でチケット取んねきゃいけねえ。

やっばいな。

いやーちょっとこれは本気でテンションあがったですよ。

前日はアルバムツアーのファイナルで、仙台で。

もちろんチケットは取ってあり。

次の日MORIOKAですよ。

行くしかないでしょーよこれは。

1人シュガーは時間が自由な学生のうちに一回行っておきたかったのですよ。

※Hitori Sugar Tour ってのはその名の通りスガシカオ単品のツアー。小さめのライブハウスでシカオ一人で弾き語りっていう、ファンなら涎もののライブ。

黄金の月やらないかなー。

アコースティックのヒットチャートも生で聴きたい。

12月だからcloudyもやるかもなー。

師走とかも。

冬だから夜空ノムコウはやるだろう。

シカオのアオゾラペダルまた聴きてえ。

ああーチケットとってないのに妄想がとまんねーな、とまんねえよ。

 

ファンクラブ先行は無いそうなので、久々のリダイヤル連打ですな。

平井堅のライブ以来か。

そういや最近滅多に聴かなくなったな。

曲の好みもだいぶ変わったなー。

ガガガも聴きはじめたしね。

M子さんやがちゃさんのおかげで国道2号線やら祭りの準備やら、やたら聴いてむだにせつなくなったりします。

♪ばんしゅーのゆーぐれはー

  

ああー院試の勉強がはかどらないよー!

気をつけようねえー!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あーすくえいく

さんさの練習で疲れてうとうと眠りかけたところにでかく揺れました。

が、なんともねえでがんす。

よかったよかった。

しかし、このまえの内陸地震といい地盤がしっかりしてるんじゃなかったのか岩手!

(情報源はうちの教授)

地震で思い出しましたが、5,6年前に仙台で大きな地震があった時の話をしましょうか。

目がさえちゃったしね。

や、あのときねー、僕、トイレの個室にいたんですよ。

ええ、ええ。まあまあまあ。お察しのとおりですけれど。

あのとき金魚の気持ちがちょっと分かった気がしました。

ゆらゆらーってね。

で、そんな中で僕は「死にたくない」って当然のように思ったんです。

あ、「まだやりたいことあるんだ」とかそういう理由じゃないです。

このまま死んだらペロンと尻丸出しのまま発見とかそういうことになりかねん…

それは絶対阻止せねば…!

とか冷静に考えてたんですよ。

「考える人」ポーズで。

金魚になりながら。

さっさと避難したい!

しかし たまて は たちあがれない!

みたいな。

どうしようどうしようと思っているうちに揺れはおさまりました。

はい。

いやー

風呂とトイレに入ってるときだけは地震に遭いたくないです。

はい。

(食事中の方、申し訳ありませんでした)

 

昨日までだいぶ雨降ってたから土砂災害が気にかかります・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ここんところちょいと

しばらくご無沙汰しておりますが、いかがお過ごしでしょうか

あいにく僕も忙しくて、休みもほとんど無くて。

                 スガシカオ「このところちょっと」

 

さて、最近は朝から晩まで研究室にいます。

シカオを聴きながら実験をガンガンやって、それでくたびれて寝る、の毎日です。

でもそれで充実であります。

研究室にも拠りますが、自分がやりたいペースでできるというのは良いです。

うちの研究室はスケジュール組むのがカツカツでも、ゆるーくでもOK(全く来ないのは問題だと思うけどね…。)

で、俺は前者のほうです。

だって実験おもしろいんだもの。

そして充実しているのは他にも理由があってですね。

というのも前の記事にも書きましたが、実験の合間をぬって研究室の畑をいじっているからなのです。

毎年雑草が茂り、もー何とかしたいと思っていた有農研の隣の畑ですよ。

あそこを今まで培ってきた知識をフルに使ってもう、ね。

遣りたい放題パラダイス。

雑草ひどいからベッチをまいてリビングマルチをつくろうとか、

それでも足りないから雑草を刈って畝間に敷いて、

トマトとかトウモロコシとか温室で苗をつくり。

ジャガイモは一本立てにして高畝で。

水を嫌うトマトのコンパニオンプランツに水を吸うエダマメをとか

そうだエダマメは早生と晩生をとか

いやー。

いやああー。

ついつい足しげく通っちゃいますよ。ええ。

うん。

ごめん眠くなってきた。

ちょっと今日は疲れたんで寝ます。

中途半端だけどぐっどない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

石割チェリーブロッサム

200804170709451

おおう割れてる割れてる。
実験のためとはいえ早起きするものだね。
人が少なくてじっくりみれます。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧