自家製果実酒

番外編・マルメロをかもそう

思えばこのブログを始めて1年と10日経っているわけで、
(開始が11月11日)ちゃんとした最初の記事は農場公開に行って
マルメロを買ったという内容だった。

その記事が消えているのはー…うん、まぁ、あれだ。
もんのすごい痛く、かつキモイっつうどうしようもない
文章だったので消したのです。今年の春に。

閑話休題。

熟成までに2~3ヶ月かかるから、ちょうど仕込んで
飲めるのは1、2月。
去年は俺んちで鍋をやった時なんかにみんなで飲んだり、
今はタイで頑張ってる先輩と一緒に飲んだり、
小分けにして、今年の春に卒業した先輩にあげたりもした。
4月になってもまだ残ってたから、今年の1年生の中には
飲んだ人もいるんじゃないかな。

ふむ、こうして思い返すと色々と思い出がある酒だね。

さてここで、マルメロってなんですか?って人のために…

Dsc02019 学名 Chaenomeles sinensis 

バラ科の落葉果樹。西アジア、コーカサス原産。
カリンの近縁種。カリンはつるっとしてるが、
マルメロは表面に薄く、綿のようなうぶ毛がある。
果肉は強い香りがある。(カリンより強いんじゃないかな。)

ジャムとかにもするそうだけど、ここはやっぱ酒でしょ。
てなわけで。

 ~ マルメロ酒の作りかた ~

材料 : マルメロ 6個 (普通は1kgらしい)
       氷砂糖 ちょうどいいくらい(普通は500gらしい)
      ホワイトリカー 1.8L+α (普通は1.8Lらしい)

1.マルメロのうぶ毛を水洗いして良く水気を拭き取る。

2.1~1.5cmほどの輪切りにする。Dsc02022

3.熱湯消毒した広口びんにマルメロと氷砂糖とを交互に
  入れていく。

4.ホワイトリカー をそそぐ。

Dsc02027_1 5.冷暗所に保存。(右の瓶はりんご酒)

 

とっても簡単。
マルメロ酒は風邪をひいた時、のどやせきに効く。
お湯割りにすればふわんと、優しい香りが部屋の中に漂う。

先輩も言っていたけれど、飲むと落ち着く酒だ。

飲める日が待ち遠しいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

番外編・りんごをかもそう

さて、土曜日といえば畑作業であり「よ市」の開催である。

つうわけで昨日もよ市に行ってきたわけだ。

ちょっと前までは梨がよく目についたが、先週から打って変わって
りんごが並び始めている。

ふじ、千秋、ジョナゴールド、スターキング、世界一、紅玉。

かごの上にゴロゴロと、雑多に並べられたりんご達を眺めているうちに
りんご酒もいいかもという考えが頭にぽっかり浮かぶ。

ちょうど前に漬けた梅酒の瓶も開いたことだし。

さて、そいじゃあ品種は何にするんだい?っつう話ですよ。

いちご酒の失敗から学んだのは、酒に漬けるのは甘さが控えめで
酸味が強いほうが向いてる、ということ。

となると甘ーいふじとかは論外だし、ジョナゴールドは酸っぱいけど
甘みがある。
いっちょここは酸っぱいと定評のある紅玉で攻めてみますか。
もっぱら菓子とかに使われるくらいだし。

そんなわけで紅玉君には酒におぼれてもらおうかと。

紅玉 11個
ホワイトリカー 1.8 L
氷砂糖  適量(少なめ)

1 りんごを水洗いしたあとで水をきちんと拭き取る

2 皮はむかずにそのままザク切り。8等分。

3 氷砂糖と一緒に瓶に詰める。

4 ホワイトリカーを注ぐ。

5 密閉して冷暗所で保存。

※写真は続きに載せます。

終わった後にネットで調べたらレモンも入れんのね。

あいやぁ。

まぁいいや。

さてさて、うまく浸かってくれますように。

Dsc01902_1

続きを読む "番外編・りんごをかもそう"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

番外編 ・ 梅酒をかもそう

よ市にて梅が格安で売られていたので購入。
マルメロ酒も丁度きれたばかりなのでこれ幸いとばかりに
今年も梅酒を漬けることにした。

通常は青梅を使うらしいのだが、僕のは完熟した梅を使う。
去年のはだいぶ好評だったので今年もうまく醸せるか、否か。

飲めるようになるのは3~4ヵ月後。

 

材料: 梅(一かご¥380)…おおよそ1.5kg程度,
    氷砂糖…これくらい入れたら美味しいかなと思う量
    ホワイトリカー…1.8L+0.5Lくらい?

梅を用意する。Dsc01350

梅を水洗いしてよく水気を拭き取り、へたを爪楊枝で取り除くDsc01352

熱湯殺菌した広口びんに梅と氷砂糖を交互に詰めてゆくDsc01353

ホワイトリカーを注ぐDsc01355

ふたを厳重に閉めて冷暗所に放置Dsc01356

はてさて。
ことしも美味くなりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)